出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. めったにないこと。とても珍しいこと。また、そのさま。まれ。「―な(の)出来事」

  1. 不思議なこと。また、そのさま。

    1. 「ここに―なは『いるまん』の『しめおん』じゃ」〈芥川・奉教人の死〉

  1. とんでもないこと。けしからぬこと。

    1. 「―のわざする男かなと、ののしるときに」〈宇治拾遺・二〉

  1. (「希有の命」の形で)危うく死を免れること。

    1. 「平氏の大将維盛、通盛、―の命生きて加賀国へ引き退く」〈平家・七〉