出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、太政官 (だいじょうかん) に属し、少納言の下にあって、内記 (ないき) の草した詔勅の訂正、上奏文の起草、先例の勘考、儀式の執行などをつかさどった官職。大外記と少外記があった。→内記

  1. 外記局」の略。

  1. 外記節 (げきぶし) 」の略。