出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸の古浄瑠璃の一。薩摩外記 (さつまげき) が貞享(1684~1688)のころ創始。豪放な語り口で、人形浄瑠璃歌舞伎荒事 (あらごと) などに使われたが、まもなく滅び、今は長唄の数曲にその影響を残す。外記。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉