出典:デジタル大辞泉(小学館)

天子の怒りに触れる。また、目上の人を激しくおこらせる。

[補説]「天子や目上の人を怒らせる」意であるから、自分や目下の人について使うのは誤り。