出典:デジタル大辞泉(小学館)

こころ」の音変化。東国方言。

「甲斐が嶺 (ね) をさやにも見しが―なく横ほり伏せる小夜 (さや) の中山」〈古今・東歌〉