出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)kasṣayaの音写。赤褐色の意で、染衣 (せんえ) ・壊色 (えじき) などと訳す》

  1. インドで制定された僧侶の衣服。青・黄・赤・白・黒の正色を避けて濁色の布を用いたところからの名。縫い合わせた布の数により、五条、七条、九~二五条の3種がある。中国・日本と伝えられる間に仏教の標幟 (ひょうじ) としての法衣にかわり、衣の上に左肩から右脇下にかけてまとう長方形の布となり、華美で装飾的なものとなった。宗派によって種々のものがある。功徳衣 (くどくい) 。福田衣。無垢衣 (むくい) 。

  1. 袈裟懸け」の略。「袈裟に切る」

出典:青空文庫