出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「けさく」とも》

  1. 戯れに詩文を作ること。また、その作品。

  1. 江戸後期の通俗小説類の総称。洒落本滑稽本黄表紙合巻 (ごうかん) 読本 (よみほん) 人情本など。伝統的で格式の高い和漢の文学に対していう。

[補説]2については、宝暦・明和(1751~1772)ごろは漢音で「キサク」「ギサク」と読まれていたが、しだいに呉音の「ケサク」「ゲサク」も用いられるようになり、文化・文政(1804~1830)ごろには呉音の読みが一般化したとされる。