出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 価値のないこと。また、そのさま。

    1. 「新造っ子をそう―につかっては冥利がわるい」〈万太郎末枯

  1. 値段の安いこと。また、そのさま。→高直 (こうじき) 

    1. 「唐船かずかず入りて、糸、綿―になりて」〈浮・永代蔵・六〉