出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. まきや炭の火を途中で消して作った軟質の炭。火つきがよいので火種に用いる。 冬》「―に薄雪かかる垣根かな/召波

  1. 引き手茶屋の若い衆。いつでもすぐ起きるところからの称という。

    1. 「廊下を通る―をあらあらしく呼込んで」〈魯文西洋道中膝栗毛

出典:青空文庫