出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 物と物との相違。区別。

    1. 「やっと人間の顔色の―がつくほどの光が」〈徳永太陽のない街

  1. 道徳や規範によって行動・態度に示す区別。節度ある態度。「公私のけじめをつける」「親子の間にもけじめが必要だ」

  1. 連続する物事などの境目。区切れ。「季節のけじめ」

  1. へだて。くぎり。しきり。

    1. 「こなたかなた御几帳ばかりを―にて」〈・若菜下〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫