出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. 燃えている火をなくならせる。「たき火を―・す」「ろうそくを吹いて―・す」

  1. 電気機器のスイッチを切ったり、ガス栓をひねったりして、その働きを止める。「電灯を―・す」「ガスを―・す」

    1. ㋐ぬぐったり塗ったりして、今まで見えていたものを見えなくする。「黒板の字を―・す」「壁の落書きを―・す」

    2. ㋑姿を見えなくする。行方をくらます。「忽然 (こつぜん) と姿を―・す」

    1. ㋐今まであったものを取り去ってなくす。存在や形跡をなくす。「証拠を―・す」「痛みを―・す薬」

    2. ㋑吸収するようにして、音やにおいなどをなくす。「話し声が騒音に―・される」「魚の臭みを生姜 (しょうが) で―・す」

  1. 否定する。うちけす。

    1. 「何か手懸りは有りそうなものだねと、お京の言うを―・して」〈一葉・わかれ道〉

  1. 空いた時間を費やす。時間をつぶす。月日を過ごす。

    1. 「それ迄は何処 (どこ) かに時間を―・さなければならぬ」〈森田草平煤煙

  1. 殺す。「裏切者は―・せ」

  1. 歌舞伎の用語。

    1. 下座音楽をしだいに弱めていって止める。

    2. 黒子などが舞台で不必要になったものを片付ける。

  1. 非難する。けなす。

    1. 「その話は古いぞ古いぞと―・されければ」〈咄・露がはなし・一〉

  1. 10 (「肝 (きも) をけす」の形で)非常にびっくりする。肝をつぶす。

    1. 「沖に釣する舟をば敵 (かたき) の舟かと肝を―・し」〈平家・灌頂〉

[可能]けせる

出典:青空文庫

出典:gooニュース