• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

け‐ずね【毛×脛/毛×臑】 の意味

  1. 毛深いすね。
  • け‐ずね【毛×脛/毛×臑】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・少々くらい毛脛でも人間の脚ならば我慢しますから。

      芥川竜之介「馬の脚」

    • ・・・と立ったり、居たり、歩行いたり、果は胡坐かいて能代の膳の低いのを、毛脛へ引挟むがごとくにして、紫蘇の実に糖蝦の塩辛、畳み鰯を小皿にならべて菜ッ葉の漬物堆く、白々と立つ粥の湯気の中に、真赤な顔をして、熱いのを、大きな五郎八茶碗でさらさらと掻食・・・

      泉鏡花「葛飾砂子」

    • ・・・継はぎの股引膝までして、毛脛細く瘠せたれども、健かに。

      泉鏡花「清心庵」