• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

けだし【蓋し】 の意味

  1. [副]
  1. 物事を確信をもって推定する意を表す。まさしく。たしかに。思うに。「蓋しその通りであろう」
  1. (あとに推量の意味を表す語を伴って)もしかすると。あるいは。
    • 「百 (もも) 足らず八十隅坂 (やそくまさか) に手向けせば過ぎにし人に―逢はむかも」〈・四二七〉
  1. (あとに仮定の意味を表す語を伴って)万が一。もしも。ひょっとして。
    • 「わが背子し―まからば白妙の袖を振らさね見つつしのはむ」〈・三七二五〉
  1. おおよそ。大略。多く、漢文訓読文や和漢混淆文などに用いる。
    • 「よって勧進修行の趣、―もって斯 (か) くの如し」〈平家・五〉

けだし【蓋し】の慣用句

  1. けだしく【蓋しく】
    • [副](あとに推量の意味を表す語を伴って)おそらく。ひょっとして。
      「吾妹子(わぎもこ)が形見の合歓木(ねぶ)は花のみに咲きて―実にならじかも」〈・一四六三〉
  1. けだしくも【蓋しくも】
    • [副]《副詞「けだしく」+係助詞「も」から》
    • (あとに推量または疑問の意味を表す語を伴って)おそらく。ひょっとしたら。
      「なぞ鹿のわび鳴きすなる―秋野の萩や繁く散るらむ」〈・二一五四〉
    • (あとに仮定の意味を表す語を伴って)もしも。
      「よひよひにわが立ち待つに―君来まさずは苦しかるべし」〈・二九二九〉
  • けだし【蓋し】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・赤いべべを着たお人形さんや、ロッペン島のあざらしのような顔をした土細工の犬やいろんなおもちゃもあったが、その中に、五、六本、ブリキの銀笛があったのは蓋し、原君の推奨によって買ったものらしい。

      芥川竜之介「水の三日」

    • ・・・ 手を当てると冷かった、光が隠れて、掌に包まれたのは襟飾の小さな宝石、時に別に手首を伝い、雪のカウスに、ちらちらと樹の間から射す月の影、露の溢れたかと輝いたのは、蓋し手釦の玉である。

      泉鏡花「伊勢之巻」

    • ・・・ 乏しい様子が、燐寸ばかりも、等閑になし得ない道理は解めるが、焚残りの軸を何にしよう…… 蓋し、この年配ごろの人数には漏れない、判官贔屓が、その古跡を、取散らすまい、犯すまいとしたのであった――「この松の事だろうか……」 ―・・・

      泉鏡花「瓜の涙」