出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 仏語。

    1. ㋐教団内の僧が戒律を犯さないように一定の区域を制限すること。また、その区域。外からの出入りを制限する摂僧界 (しょうそうかい) 、衣を脱いでも過ちとならない摂衣界 (しょうえかい) 、食物の貯蔵が許される摂食界 (しょうじきかい) がある。

    2. ㋑密教で、修法によって一定の地域に外道・悪魔が入るのを防ぐこと。

    3. ㋒仏道修行の障害となるものの入ることを禁じること。また、その場所。

    4. ㋓寺院で内陣と外陣 (げじん) の間、または外陣中に僧と俗の席を区別するために設けた木の柵 (さく) 。

  1. 茶道具の一。竹や木でつくり、道具畳と客畳の境に仕切りとして置くもの。

  1. 商家で、帳場の囲いとして立てる格子。帳場格子。