出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]詩歌の終わりの句。特に、漢詩の絶句の第4句。
[副]
  1. とどのつまり。あげくのはて。結局。

    1. 「わたし自身で道をつけてやる方が―女の為だと考え」〈荷風・あぢさゐ〉

  1. かえって。むしろ。反対に。

    1. 「いつも此同胞 (きょうだい) を借りて重宝するを、此方 (こなた) は―有難い事におもうて」〈紅葉・二人女房〉

    2. [アクセント]はケックック。

出典:青空文庫