出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. (あとに打消し・禁止の語を伴って)どんなことがあっても。絶対に。断じて。けして。「御恩は決して忘れません」「そんなことはもう決してするな」「彼は決して大きいほうではない」

  1. 必ず。きっと。

    1. 「―聟 (むこ) やむすめに追ひ廻されて口惜しい日を送るであらう」〈鳩翁道話・三〉