けっとう‐ざい【決闘罪】 の意味

  1. 決闘を行ったり、これに関与したりすることで成立する罪。明治22年(1889)の「決闘罪ニ関スル件」という法律により罰せられる。