げつよう‐び〔ゲツエウ‐〕【月曜日】 の意味

  • 名詞
  • げつよう‐び〔ゲツエウ‐〕【月曜日】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・………       ――――――――――――――――――――――――― 保吉は明後日の月曜日に必ずこの十円札を粟野さんに返そうと決心した。

      芥川竜之介「十円札」

    • ・・・安息日が過ぎて神聖月曜日が来たのだ。

      有島武郎「クララの出家」

    • ・・・即ち月曜日には孟子、火曜日には詩経、水曜日には大学、木曜日には文章規範、金曜日には何、土曜日には何というようになって居るので、易いものは学力の低い人達の為、むずかしいものは学力の発達して居るもののためという理窟なのです。

      幸田露伴「学生時代」