出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 身分の低い者。

    1. 「広く此の人間世界を見渡すに…貴人もあり、―もありて」〈福沢学問のすゝめ

  1. 平安時代以後、荘官地頭などに隷属して雑役に従事した者。売買・質入れ・譲渡の対象となった。雑人。

  1. 江戸時代、年季奉公人のこと。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉