出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 社寺・城門などの前で、下馬札が立ててある場所。下馬。

  1. 槍持ちの供が1で主人に対して行う作法。頭を少しかがめ、手先を上げて手を振り、腰をひねり、足どりをそろえて歩くもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉