出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「けむり」の古形》

  1. けむり1」に同じ。

    1. 「汽車はしきりに―を吐きつつある」〈漱石虞美人草

  1. けむり2」に同じ。

    1. 「霜いと白うおける朝、遣水より―の立つこそをかしけれ」〈徒然・一九〉

  1. ぼんやりとかすんで1のように見えるもの。草木の芽が出るときのようすなどにいう。

    1. 「春日野にまだもえやらぬ若草の―みじかき荻の焼原」〈新勅撰・雑一〉

  1. 心中の苦しみ。悩み。

    1. 「かがり火にたちそふ恋の―こそ世には絶えせぬ炎なりけれ」〈・篝火〉