出典:デジタル大辞泉(小学館)

金属・象牙などに鏨 (たがね) を用いて模様や文字を細い線で彫ること。また、その彫り物。彫金の中で最も基本的な技法で、古くから行われた。東大寺大仏の台座蓮弁などが有名。