出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 操ること。また、そのしかけ。

    1. 「かくして奇怪なる運命の―によって」〈長与青銅の基督

  1. 操り人形。また、操り芝居。