出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「けぶり」の音変化》

  1. 物が燃えるときに立ちのぼるもの。有機物が不完全燃焼するときに出る気体で、固体の微粒子が浮遊している状態をいうが、液体の微粒子が含まれている場合もある。「―がたちこめる」

  1. 霞 (かすみ) ・水蒸気など、1のように空中にたちこめるもの。「湯の―がただよう町」

  1. かまどから立ちのぼるもの。炊煙。また、暮らし。生計。

    1. 「細いながら―絶えせず安らかに日は送れど」〈露伴・風流仏〉