出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接助]活用語の終止形に付く。
  1. 確定の逆接条件を表し、内容の矛盾する事柄を対比的に結びつける意を表す。「言うことはりっぱだけれども、することはなってない」「年はとっているけれども、実に活動的だ」

  1. ある事実を前置きとして述べ、本題に結びつける意を表す。「経験から言うんだけれども、時間には厳しいほうがいい」「これおもしろい本だけれども、君読まないか」

  1. 二つの事柄を単に結びつける意を表す。「野球番組も好きだけれども、音楽番組も好きだ」「時間もないけれども、金もない」

[終助]活用語の終止形に付く。
  1. 言い切りを避け、婉曲に表現する気持ちを表す。「あすなら行けるんですけれども」「父は今日出かけているんですけれども」

  1. 不安に思ったり、なかばあきらめたりしながらも、事柄の実現などを願う気持ちを表す。「このままお天気が続くといいんですけれども」

[補説]「けれども」は中世末、形容詞活用の已然形語尾に接続助詞「ども」が付いてできたもの。近世前期になると、くだけた感じを伴う「けれど」「けど」が生じ、後期には、「けども」が成立した。