出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]長さの単位。1間はふつう6尺(約1.82メートル)の長さ。田や土地を測る場合は6尺5寸(約1.97メートル)、室内の畳の寸法では6尺3寸(約1.91メートル)をそれぞれ1間とすることもある。
[接尾]助数詞。
  1. 碁盤・将棋盤などの目数を数えるのに用いる。「三間とび」「二間びらき」

  1. 建物の正面の柱と柱との間、また、ひろく四方を柱で囲まれた空間を数えるのに用いる。「三十三間堂」

    1. 「百八十―の廻廊をぞ造られける」〈平家・三〉