出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. あきらかであること。また、あらわれること。

    1. 「―にして晦、肯定にして否定」〈芥川・侏儒の言葉〉

  1. 顕教 (けんぎょう) 」の略。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉