出典:デジタル大辞泉(小学館)

改めて言うまでもない。もちろんである。「事実そうであることは―◦ない」

[補説]「言葉を俟たない」とするのは誤り。