出典:デジタル大辞泉(小学館)

水を上から流すように、とどこおりなく弁舌を振るうこと。「滔々 (とうとう) たる懸河の弁」