出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 織物や木目 (もくめ) などに現れた模様。いろどり。あや。

  1. (多くはあとに「知らず」「分かず」「見えず」などの語を伴って用いる)

    1. ㋐物の区別。見分け。けじめ。

      「―も知れない闇の中から、硫黄が丘 (たけ) の山頂…空中に現われ出る」〈有島生れ出づる悩み

    2. ㋑物事の筋。道理。条理。分別。

      「何の―も知らぬ賤 (しづ) の男 (を) も」〈・胡蝶〉