出典:デジタル大辞泉(小学館)

好んでけんかの相手になること。特に、他人のけんかを引き受けること。江戸時代には男だてとされた。

「大門際に―と出るもありけり」〈一葉たけくらべ