出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 火山の噴火口の周縁。特に、富士山頂についていう。

  1. 相撲で、土俵の円周を作る俵の上面。「剣が峰で残す」

  1. それ以上少しの余裕もない、ぎりぎりの状態。物事の成否の決まる瀬戸際。「剣が峰に立たされる」