出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 先のことを見通す心の働き。

  1. 神仏が、人の行動を照らし見ていること。

    1. 「海内の吉凶その―に依らずと云ふ事なし」〈太平記・一八〉