出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 物事を調べただすこと。また、その職。

  1. 社寺で、事務を監督する職。また、一寺の上位者で衆僧を監督する者。

  1. 荘園の役人の一。平安・鎌倉時代に置かれた。

  1. 室町時代以降、盲人に与えられた最高の官名。専用の頭巾・衣服・杖などの所持が許された。建業。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉