出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 掛け売りをしないで、正札どおりに現金取引で商品を売ること。元禄(1688~1704)ごろ、江戸の呉服店三井越後屋が始めたという商法。

  1. うそいつわりのないこと。正真正銘。