出典:デジタル大辞泉(小学館)

端午の節句の夜、邪気を払うまじないに、ショウブを薄紙に包み枕元に置くこと。また、その枕。 夏》「きぬぎぬにとくる―かな/青々