出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1283ころ~1352ころ]鎌倉後期から南北朝時代の歌人・随筆家。本名、卜部兼好 (うらべかねよし) 。吉田兼好は後世の俗称。後二条天皇に仕えて左兵衛佐 (さひょうえのすけ) に至ったが、のち出家。和歌・文章にすぐれ、頓阿 (とんあ) 浄弁慶運とともに二条派の和歌四天王とよばれた。家集「兼好法師集」、随筆「徒然草」など。

出典:青空文庫