出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 過去未来の間。過去から未来へと移り行く、今。また、近い過去や未来を含む、今。副詞的にも用いる。「数千年の時を経て現在に至る」「現在のところ見通しは立っていない」「現在、出張中です」

  1. (時間を表す語の下に付き、接尾語的に用いて)変化する物事の状態をある時点で区切って示すときの、その時点。「八月末日現在の応募者数」

  1. 現に存在すること。目の前にあること。「現在する最重要課題」

  1. (「現在の」の形で血縁関係などを表す語を修飾して)正真正銘の。まぎれもない。

    1. 「いはんや彼らは―の孫なり。しかも嫡孫なり」〈曽我・三〉

  1. (副詞的に用いて)明白な事実であるさま。また、近い将来そのことが実現するのが確実であるさま。

    1. 「そなたは―奥様になることぢゃ」〈浮・棠大門屋敷〉

  1. 仏語。三世 (さんぜ) の一。今、生をうけているこの世。現世。

  1. 文法の時制の一。今の時点での動作・状態など表すときに用いる形。現在形。

出典:青空文庫

出典:gooニュース