出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 検地の際、測量に用いたさお。豊臣氏は6尺3寸、江戸幕府は6尺1分のものを用いた。検地竿。

  1. 大工が間数 (けんすう) を測るのに用いる、目盛りのあるさお。→

  1. 尺杖 (しゃくづえ)