出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「乾」の字の極印があるところから》江戸幕府が、宝永7年(1710)から鋳造した小判金一分判金の総称。良質であったが重量は半減。乾金。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉