出典:デジタル大辞泉(小学館)

組香の一。5種の香をそれぞれ5包ずつ計25包作り、任意に5包を取り出してたき、香の異同をかぎ分け、5本の縦線に横線を組み合わせた図で示すもの。図は52種あり、源氏物語54帖のうち、桐壺夢浮橋を除く各帖の名が付けられている。後水尾 (ごみずのお) 天皇の時代に考案されたという。