出典:デジタル大辞泉(小学館)

核分裂性物質核分裂連鎖反応により、瞬間的に狭い空間で大量のエネルギーを放出する爆弾。昭和20年(1945)8月、ウラン235を用いたものが広島に、プルトニウム239を用いたものが長崎に、それぞれ初めて投下された。原爆。

[補説]広島市は8月6日午前8時15分、長崎市は8月9日午前11時2分に投下された。