出典:デジタル大辞泉(小学館)

清和源氏の宗家に代々伝えられたという8種の鎧。薄金 (うすがね) ・源太産衣 (げんたのうぶぎぬ) ・沢瀉 (おもだか) 楯無 (たてなし) 膝丸 (ひざまる) ・八竜 (はちりょう) ・月数 (つきかず) ・日数 (ひかず) の総称。保元物語平治物語に記述があるが、現存しない。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉