出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「げんしょう」とも》平安時代の皇室御物の琵琶の名器。藤原貞敏が唐から持ち帰ったもので、比類のない宝器として尊重され、逸話に富む。