出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ヘーゲルの精神現象学。最も単純な感覚的確信から最高の絶対知へ至るまでの精神の弁証法的発展の叙述。

  1. フッサールによって創唱された哲学。純粋意識の本質を記述し、その志向的体験をノエシスノエマ的な相関関係において究明する。