出典:デジタル大辞泉(小学館)

雅楽の舞曲。唐楽。太食 (たいしき) 調で、古楽。舞は一人による走舞 (はしりまい) 。怪奇な面をつけ、桴 (ばち) を持ち、作り物の蛇を捕らえて勇壮に舞う。一説に、西域の人が好物の蛇を見つけて喜ぶさまを写したものという。番舞 (つがいまい) は抜頭 (ばとう) など。見蛇 (げんじゃ) 楽。還京楽。