出典:デジタル大辞泉(小学館)

国連にあった機関の一。原子力の管理、原子兵器の廃止などを目的として、1946年設置。1952年に軍縮委員会に吸収された。
世界の主要国にある機関で、原子力の研究・開発・平和利用などについて、企画・審議・決定する委員会。日本では昭和31年(1956)総理府の付属機関として設置。同53年改組されて、安全問題を担当する原子力安全委員会を分離した。現在は内閣府に属す。