出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。往生して仏になったのち、再びこの世にかえって利他教化 (きょうけ) の働きをすること。また、そのためにかえる姿。⇔往相