けんだら【乾陀羅】 の意味

  1. (梵)Gandhāraの音写》⇒ガンダーラ

けんだら【乾陀羅】の慣用句

  1. けんだらじゅ【乾陀羅樹】
    • ワサビノキ科の落葉低木。インドの原産。香木で、乾陀羅香・安息香などの香料の原料にする。また、煮汁は僧侶の衣を茶褐色に染めるのに用いる。乾陀樹。乾陀羅。乾陀。