出典:デジタル大辞泉(小学館)

近世、年貢の徴収と農民支配を目的に、幕藩領主が行った土地の測量調査。検地帳に田畑の面積・等級・石高名請人などを記載し、領主支配の基礎とした。豊臣秀吉太閤検地以後、全国的規模で行われた。竿入れ。縄打ち。